top.png

炭酸水の血行促進と皮脂を吸い込む洗浄効果にハマる男性急増






どうも、マツです。今日のおススメはコチラ ↓↓↓






炭酸水の血行促進と皮脂を吸い込む洗浄効果にハマる男性急増



 弾ける泡で気分爽快。飲料や入浴剤などに使われる「炭酸」が、男性のスキンケア需要まで“刺激”している。

 千葉県のとある理容室では、今年から「5分300円」の炭酸パックサービスを導入したところ、意外にもリピーターが続出しているという。

「シェービング後に炭酸で泡立たせた特殊な洗顔フォームで顔をパックします。そのままの状態で5分後に洗い流すと、黒ずんだ汚れが取れ、ツルツルの肌になります。一度体験するとやみつきの男性が多く、特に40代以上の方に好評です」(理容室店主)


 この理容室では、2年前より炭酸水で頭皮をマッサージしながらトリートメントする「ヘッドスパ」メニューを取り入れたところ、炭酸による清涼感から特に夏場にオーダーが引きも切らず、ヘッドスパだけ受けにくる利用者もいたそうだ。



 そもそも、炭酸にはどのような効果があるのか。

長年の炭酸水研究を床ずれなど傷治療に応用し、「ミスター炭酸」の異名を取る国際医療福祉大学の前田眞治教授に聞いてみた。


「いちばん大きな効果は血行促進です。炭酸水に含まれる二酸化炭素は人間の細胞にとっては老廃物なので、皮膚に吸収されると排出しようと毛細血管を広げる物質が分泌され、血行が良くなるのです。そして、血流量が増えれば酸素の供給が増えて細胞が活性化し、新陳代謝が早くなるのではないかと期待されています」


 残念ながら、細胞が若返ってアンチエイジング効果があるところまでは立証されていないらしいが、炭酸水の気泡に皮脂や角質など汚れを吸い込む性質があることは分かっており、その驚きの洗浄効果は前田氏の折り紙つきだ。


 すでに、女性用の炭酸美容商品は、一般消費者向けのアイテムとして人気を博している。

カネボウ化粧品やコーセーほか大手メーカーが「泡マスク」などの呼称で続々とパックや洗顔料のラインアップを増やしているからだ。



 一方、男性向けの炭酸スキンケア商品は、業務用以外は皆無に等しいのが現状。

だが、男性のスキンケア意識が年々高まっていることを考慮すれば、いつ店頭に並んでもおかしくない。



 男性美容研究家の藤村岳氏は、男性の肌事情について解説する。


「炭酸というとヒンヤリした冷たいイメージがありますが、血行をよくするので実はポカポカと温かくなります。男性の中には血液の循環が悪く、隠れ冷え性の人が多い。だからこそ、代謝を高めてくれる炭酸を使ったスキンケアは有効だと思います」


 ここ数年で、男性も堂々とスキンケアできる土壌がようやく整ったと分析する藤村氏。

しかも、馴染み深く女性っぽいイメージのしない炭酸だからこそ、男性にも定着する美容法になり得ると予測する。



 前出の前田氏によれば、何も炭酸美容は専用商品に限らず、100円前後で市販されている飲料用の炭酸水でも代用できると話す。

最近では「ソーダストリーム」や「ソーダスパークル」など、ガスボンベと水をセットするだけで、自宅にいながら炭酸水が瞬時に作れる輸入機器もヒットしている。


「男性の中には、安い炭酸水を買ってきてシャンプーと混ぜてスカルプケア代わりにしたり、洗面器に流し入れて洗顔したりする人もいると聞きます」(冒頭の理容室店主)


 ただ、もともと化粧品として売られている商品ではないだけに、注意も必要だ。


「飲料用で売られているものは、糖分が入っていたり炭酸水素ナトリウムが多く含まれたりすると、稀に皮膚が炎症を起こして痛みや痒みを伴う場合もあります。肌に合わない場合はすぐに使用を控えたほうがいいでしょう」(前田氏)


 適度な刺激を受けながら、万能な炭酸パワーを存分に確かめたい。












美の基本は「酵素」にあり。美人の泉・絹肌プレミアム

posted by 角質ケアで全身ツルスベ肌に at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男のケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「美容にこだわる男が急増中!」ヒット商品ベスト10





どうも、マツです。今日のおススメはコチラ ↓↓↓




「美容にこだわる男が急増中!」ヒット商品ベスト10




「美容にこだわる男が急増中!」ヒット商品ベスト10



■マイナスをゼロまで引き上げる美容

 ここ数年、美容、特にスキンケアに気を使う男性が増えています。

とりわけ20代以下の多くの男性にとって、スキンケアはすでに日常になっているといってもいいでしょう。

女性と同じレベルとまでは言いませんが、彼らは歯磨きをするように自然に化粧水をつけ、クリームを塗っているのです。


 20代以下の男性へのスキンケア習慣の浸透に対し、40代以上の男性の中でスキンケア習慣があるのは、「他人から見られている」という意識の高い、一部の人に限られます。

それは、高度経済成長期における「身なりに構わず働くのが男らしい」という感覚が、まだこの世代では信じられているからでしょう。

しかし、かつての働く男像はすでに過去のもの。

今は、ビジネススキルに見た目がともなわないと、「身なりに構う余裕もないの? 」と評価が下がる時代。

部下や同僚はもとより、上司にも女性が増えた現状を鑑みれば、これは当然の流れでしょう。

過去にしがみついて新しい価値観=スキンケア習慣をとり入れずにいると、知らないうちに相手に悪い印象を与えてしまい、ビジネスチャンスを逃すことにもなりかねません。

デキる男は、もうはじめているのです。




 とはいえ、男性の美容は女性のそれとはいささか目指すところが違います。

女性の美容が自分の見た目をプラスに見せるためのものだとしたら、男性の美容は今あるマイナスポイントをゼロまで引き上げるためのもの。

ニキビで肌があれているのなら治し、肌が脂ぎっているなら抑える。

相手に与える不快感をなくし、自分も心地よく過ごすためのものなのです。

「美容」ではなく「身だしなみ」と考えれば、抵抗なく受け入れられるのではないでしょうか。




 「スキンケアなんて考えたこともない」という人も、心配する必要はありません。

どんな男性もひげ剃りはするのですから、その前後に正しい洗顔や化粧水の習慣を組み込めばいいのです。

ルーティンに落とし込むことができれば、スキンケアに割く時間はほんの数分。

慣れれば面倒だと思うことすらないはずです。




予備知識のない男性のためにアイテムもあわせてご紹介しますが、わからないことがあれば奥様や彼女に相談してもいいでしょう。

美容に関しては、どんな女性も大先輩。

きっとよいアドバイスを与えてくれると思いますよ。





■初心者:基本は正しい洗顔。それだけで美肌に近づく

 【洗顔料】正しいお手入れ法

洗顔料はきちんと泡立てる。
水と空気を混ぜるのがコツ。
力まかせに顔をこするのはNG。人差し指、中指、薬指の指先でなぞるくらいに。

 【化粧水】正しいお手入れ法

洗顔後は化粧水で水分補給。
タオルで軽く押し当て水滴を取ったら、化粧水を手のひらの熱で顔に押し当てるようにして染み込ませる。


■中級者:目ヂカラアップさせて、徹夜疲れは見せない

 【目元用美容液】正しいお手入れ法

 薬指にクリームを取り、もう一方の薬指と合わせてなじませる。
目の下の内側から外側へ、弧を描くように塗る。そっとなでる力加減で。


■上級者:しみ・そばかす、毛穴、シワ……全部消して若々しく

 【BBクリーム】正しいお手入れ法

シワの部分は手で伸ばしながら、クリームを塗り込んで肌になじませる。
結果はご覧の通り。
健康的な肌色で、均一に整った。



■伊勢丹新宿本店メンズ館 人気アイテム10

 男性ファッションの聖地では、美容に対しても意識の高い男性が集う。

果たしてそこではどんな商品が売れているのか? 


 1.アラミスラボシリーズ 
エイジ レスキュー(美容液/7035円)




2.アラミスラボシリーズ 
マックスLS オーバーナイトリニューアル セラム(美容液/10500円)


3.クリニーク フォーメン 
ロールオンアンティバースバイラント デオドラント フォーメン(デオドランド/2100円)


4.イソップ 
レスレクション ハンドバーム(ハンドクリーム/2625円)


5.クラランス メン 
モイスチャー ジェル S(保湿/5250円)


6.クリニーク フォーメン 
スクラッフィング ローション 2.5(角質ケア/3570円)


7.ペンハリガン 
ブレナムブーケ オードトワレ(フレグランス/12600円)


8.ジョンマスターオーガニック 
ジン&セージ コンディショニングシャンプー(シャンプー/3045円)


9.モルトンブラウン 
スマジンセンバス&シャワー(ボディーシャンプー/4200円)


10.イソップ 
アンチーオキシダント トナー(化粧水/4410円)










美の基本は「酵素」にあり。美人の泉・絹肌プレミアム

posted by 角質ケアで全身ツルスベ肌に at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男のケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男性みだしなみ意識







どうも、マツです。今日のおススメはコチラ ↓↓↓






2009年は男の美肌元年だった! 〜男性みだしなみ意識調査




2009年は男の美肌元年だった! 〜男性みだしなみ意識調査



 男は自分の美意識にどこまでこだわっているのだろうか。

ナルシズム傾向は本物なのだろうか……。


 世の中でも流行した言葉を振り返ると「草食男子」「オトメン」「弁当男子」などの言葉が並びますね。

男性には男性らしくいてもらおうと、女性たちには「女子力」を活性化させようという動きも現れました。


 しかしつるんとしたきれいな肌で、優しげな男性がもてはやされる傾向は全体的に強いですね。

 その影響が男性の「肌への意識」を強くしたことは言うまでもありません。


 一方で、「リーマンショック」が与えたリストラなどの影響は「より若く生き生きと見えるには肌のきれいさも大事」という男性への警鐘を鳴らした部分もあるのかもしれないです。

 男性化粧品の老舗、株式会社マンダムでも同じようなデータを掴んでいるそうです。


 「『男性化粧品といえば何を想い起こすか』というアンケートを長年とっているのですが、それまでは1位が整髪料だったのに、確かに2009年以降、スキンケア商品と答える人が増え、2011年には、とうとう『整髪料』を『スキンケア』が上回りました



 株式会社マンダムにはすでに10〜20代向けのGATSBYと30〜40代向けのLUCIDOという、2大ブランドがありました。

このスキンケア志向の高まりを受け、2011年からはLUCIDOを「40代からのLUCIDO」と、明確に年代設定し直しました。

年収1000万円以上のマル金層は翌2012年には5%増でアンチエイジングに気遣い始めたとわかります。


 バブル期のぎりぎり最後の世代ももはや40歳。

その当時は思いきり働いて思いきり遊ぶ人生がかっこよかった。

睡眠不足と暴飲暴食の上、休みにはスキー、ゴルフ、サーフィンと紫外線を浴びて、肌に負担をかけまくっているんです。

おまけに男性は毎朝のひげ剃りで肌の角質表面を削り取るという、女性よりも過酷な肌環境にあるんです。

そのツケ、と言いますか、シミやシワなどの自覚症状も出て来ているのだと思います



 2011年発売のLUCIDO新製品には話題の成分「コエンザイムQ10」を配合し始めました。

2013年2月25日にはさらに初期加齢による「肌のギラつき」に着目した、「薬用オイルクリア洗顔フォーム」と「薬用オイルコントロール化粧水」を発売します。

 「アンケートによると『男も肌がきれいだと得することがあると思う』と答えた人がなんと90.3%にも達しています」

 「就活で好感をもたれた」
「実年齢よりも若く見られる」
「ほっぺをぷにぷにされて気持ちいいと異性に言われた」


など、肌がきれいで「得をした」という理由は様々だが、仕事もプライベートも美肌男子にはいいことづくめだということらしいですね。

再度、再々度の就活や婚活もありうる世の中だから。

 「人は見た目が9割」などという本もあったが、第一印象重視の傾向はますます強まるに違いないでしょう。






男性専用化粧品の販売はコスメンズ








美の基本は「酵素」にあり。美人の泉・絹肌プレミアム

posted by 角質ケアで全身ツルスベ肌に at 19:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男のケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。